top of page
  • 執筆者の写真ルナ歯科医院

フッ素について

フッ素は、虫歯予防に関する様々な働きをしてくれます。フッ素配合ハミガキ剤を長期間継続的に使用することで、予防率はアップします。

ではフッ素には具体的にどんな作用があるのでしょうか?

まず一つ目は酸の産生を抑制する。

歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作る虫歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えてくれます 。

二つ目は再石灰化の促進。歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

そして三つ目は歯質強化。歯の表面を酸に溶けにくい性質に修復してくれます。 特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう。

ホームケアとしてお家で使えるフッ素には3つの種類があります。

①歯磨き粉に配合されているもの

②ジェルやフォームタイプのフッ素

③フッ素の洗口液

それでは本日も、よろしくお願いします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

「オーラルリバイバー」のご紹介

「オーラルリバイバー」は、再生医療研究から生まれた「ヒト幹細胞培養上清液」と、口腔内の滅菌・洗浄・消臭を安全に行う「高機能性電解水イオシア」のダブル効果が話題のケア用品です。

コメント


bottom of page